所得について

10種類の所得

世の中様々なお金の稼ぎ方があると思いますが、
我が国日本で許されている所得というのは
実は10種類しか、ありません。
ご存知でしたか?

国税庁のホームページの所得税の部分で
細かく説明もありますが、
次の10種類になります。

1.利子所得
2.配当所得
3.不動産所得
4.事業所得
5.給与所得
6.退職所得
7.山林所得
8.譲渡所得
9.一時所得
10.雑所得

利子所得は預貯金、公社債等の利子による
所得になりまして、
配当所得は株主や出資者が法人から受ける
配当金などを指します。

不動産所得は土地や建物などの不動産、
不動産の上に存する権利等による所得を指し、
事業所得は農業、漁業、製造業、サービス業等
事業から生ずる所得をいいます。

給与所得は勤務先から受ける給料、賞与などの所得で、
退職所得は退職金。

山林所得は山林を伐採して譲渡したり、
立木のまま譲渡することによって生ずる所得です。
ただ、取得してから5年以内だと事業所得か雑所得に
なります。

譲渡所得は土地、建物、会員権などの資産を
譲渡することによって生ずる所得で、
一時所得は懸賞金や、ギャンブルの払戻金、
生命保険の一時金等になります。

最後の雑所得は上記1~9に該当しないものを指します。
例として、年金などです。

だらだらと説明してしまいましたが、
あなたはどの所得で収入を生み出していますか?

一般的にはだいだい給与所得、退職所得、雑所得(年金)
の3つが基本になってくるかとは思うんですが、
この3つ以外での収入源を確保している会社員の方も
多くいます。

所得税

自分の給与明細などを見たり、気にしていないと
自分がどの位所得税を取られているのか、
把握していないかもしれません。

現在の年収に対する税率は、
下記のような形になります。

195万円以下…5% [控除額0円]
195万円を超え、330万円以下…10% [控除額97,500円]
330万円を超え、695万円以下…20% [控除額427,500円]
695万円を超え、900万円以下…23% [控除額636,000円]
900万円を超え、1,800万円以下…33% [控除額1,536,000円]
1,800万円を超え、4,000万円以下…40% [控除額2,796,000円]
4,000万円超え…45% [控除額4,796,000円]

いかがでしたでしょうか。
凄い金額を収めている方もいると思います。
反面、賢く節税をしている方ですと
何十万から何百万単位で得をされている方もいます。

強くお伝えしておきますが、
“節税”と”脱税”は全く違うものです。
賢くやりくりすることは犯罪ではございません。

あなたは損をしていませんか?
この機会に是非お考えになってみてください。

無料相談受付中


・行動したいとは思っているが、実際に何をしたらいいのかわからない
・資産構築の方法をもっと知りたい
・サラリーマンというメリットを生かして資産が得られるものを見つけたい
・毎月収益が出てリスクのない、安心安全な資産構築をしていきたい
・副業・ビジネスに興味がある
・人生相談したい

もしあなたが上記のことを考えているのでしたら、 ぜひ私と一度お話してみませんか? 興味のある方は以下をチェック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です