誰でも簡単にできる資産運用なんてあるの…?一般的な資産の運用方法とその特徴

資産運用別リターンとリスクの関係性

こんにちは。オンライン相談員たかしょーです。
今回は、資産運用についてざっくりとお話ししていければと思います。

世の中に資産運用と言われる方法はたくさんありますが、
普段生活していてもなかなか聞いたりする機会というのは無いと思います。
怪しい話なんかも出回っていて、どれが安全なのか、
どれがどの位利益を生めるのかというのはなかなか分からないですよね。

そこで、まずは基本的な資産運用のリターンとリスクについてお伝えしていきます。

預金

預金とは、金融機関に金銭を預ける事です。

これは資産運用としてではないかもしれませんが、
多かれ少なかれ誰もが皆やっていると思います。

まず銀行預金の一番のメリットと言えば非常に自由度が高いところです。
預け入れるのも引き出すのもすぐに行うことができます。

もうひとつは、生活に関わるお金の取引全般が可能です。

そして1,000万円までの元本と、その利息までが保護されます。

これに対して欠点についてですが、
金利が非常に低いです。
平成29年4月現在、都市銀行の普通預金の金利は年0.001%
正直、銀行預金で利益を出そうと考えるのは無謀な数字です。

それともう一つ、円安・インフレによる価値の下落です。
インフレ=物やサービス全体の価格が上がることですので、
今まで100円で買えていたものが100円では買えなくなります。
物価が上がり、お金の価値が下がっていくこのインフレに対し、
銀行預金は大きなリスクと言えるでしょう。

国債

国債とは、国家が証券発行という方式で行う借入金のことです。

国債のメリットは、少額から投資ができ、安全な投資先と言える点です。
国債は元本保証を日本政府が行っている為、
他の金融商品と比べてもかなり手堅い投資先と言えます。
また、利回りも定期預金と比べても高い利回りを期待することができます。

しかし、欠点としてはそれでもやはり利回りが低いということです。
平成29年4月現在で、年利0.05%弱しかありません。
こちらも手堅い投資ではありますが、
利益を出そうと考えるのは難しいと言えます。

外貨預金

外貨預金は、外貨建ての預金のことです。

外貨預金のメリットは、円よりも利回りが高いことと、
為替差益が得られることです。
為替差益とは、外国為替相場の変動によって生まれる利益のことです。

例えば、1米ドル100円の時に交換していて、
円に戻すときに1米ドルが120円になっていたら、
20円の利益が生まれるといったものになります。

そしてリスクとしては、為替差益の反対、
為替差損が生じる可能性もあるということです。
この他、為替手数料が高いこと
定期預金時に解約すると解約手数料がかかることなどがあります。

外貨MMF

外貨MMFとは、外国のお金に両替し、
安全性の高い債券で運用する投資信託のことです。

こちらのメリットは外国の安全性の高い債券で運用されるため、
比較的ローリスクな点、外貨預金より高金利なところです。
後は外貨なので外貨預金と同じように為替差益が得られることです。

それから、少額で1,000 円くらいから投資でき、
為替手数料も比較的安いです。
また、証券会社の資産とは分別管理されているため、
倒産しても影響がない点などが挙げられます。

リスクとしては、やはり為替差損が起きることと、
ローリスクな分利回りが比較的低いことです。

投資信託ETF

投資信託ETFは、上場している投資信託のことです。

メリットは、個別に会社を選んで投資をするような手間が省ける点、
10 万円くらいから投資ができる点などが挙げられます。
後は投資信託より安い手数料で運用が可能なところと、
分散投資でリスクを軽減できるところです。

リスクとしては、コスト(販売手数料、信託報酬)がかかるところ。
元本保証がない点、価格の上がり下がりが激しい点などです。

J-REIT

J-REITは、不動産に投資を行う投資信託のことです。

J-REITのメリットは、少ない金額から投資できる点(10 万円前後)
複数の不動産への分配投資によりリスクを軽減できる点、
売り買いの注文がいつでも自由にできる点などが挙げられます。

リスクは、実物所有できないところと、
REIT の倒産リスク(元本保証がない)
上場廃止リスクなどになります。

不動産投資

不動産投資は、文字通り不動産に資金を投下することです。

メリットとしては、安定した不労所得が得られる点、
他の金融商品と比較して高利回りが期待できる点、
ローンでの購入の場合、
生命保険の代わりになる点などが挙げられます。

後は、少額から始められることと、
先ほど預金リスクで話したインフレに強いという点です。

リスクとしては、賃料の下落、空室などにより
予定していた収入が見込めない場合があること、
購入時よりも資産価値が目減りしてしまう可能性がある点、

火災や地震などで建物が破損、
倒壊してしまうリスクがあることなどが挙げられます。
その他、公租公課等、保有コストがかかります。

株式投資

こちらはご存知の方も多いと思いますが、
企業が発行した株(券)に投資をすることです。

メリットは、投資した企業からの配当金を受け取れる(株主優待なども)点、
利回りが高く、安定性もある点、
購入時よりも価格が上がっていれば、
売却益を得られる点などが挙げられます。

株式投資の欠点は、
企業の倒産時に紙切れになってしまう点、
投資した企業に何か問題があった場合、
株価の大幅な下落などがあるところです。

FX

FXもよくテレビCMなどで目にする機会が多いと思いますが、
外国為替証拠金取引のことで、
外国通貨を交換・売買し、その差益を目的とした金融商品になります。

FXのメリットは、外貨預金などに比べ手数料が安く、
少額から参加できる点、
元手よりも多くの額が扱える(レバレッジ)為、
高利回りが期待できる点、
どの局面からでも利益を出せる(売り、買い)点などがあります。

また、24 時間取引可能なので、
空いている時間で自由に取引することが可能です。

リスクとしては、業者倒産のリスク
突発的な世界的事件(テロなど)に影響されてしまう点、
レバレッジを利かして取引を行った場合、
その分損失の幅も大きくなる点です。

FXはいわゆるハイリスク・ハイリターンと呼ばれる金融商品の
代表的なものになります。

先物取引

先物取引は、将来のあらかじめ定められた期日に特定の商品(原資産)を
現時点で取り決めた価格で売買することを約束する取引です。
将来どうなるか分からない先の物を売買する為、先物取引と言います。

メリットは、買い、売りどちらからでも取引することができる点、
少額の資金から取引ができる点、
短期間で利益を生み出すことができる点などが挙げられます。

リスクとしては、元本保証がされていない点、
証拠金の追加リスク
レバレッジを利かして取引を行った場合、
その分損失の幅も大きくなる点などになります。

先物取引もFXと同様、一般的に
ハイリスク・ハイリターンと呼ばれる金融商品になります。

まとめ

今回は数ある金融商品の中でも一般的に流通しているものを、
一般的にリスクが低いと考えられている順に
挙げさせていただきました。

今回は触り程度の説明と特徴を挙げました。
それぞれお詳しい内容については、今後アップしていきますので、
楽しみにしていてください。(執筆中なので少しお待ち下さい)

すぐに知りたい、聞いてみたいなどがあれば、
お問い合わせかLINEから連絡していただければ、必ずお答えします。

何か資産運用をしようと思った場合、
今挙げさせていただいたものの中から始めるのが一般的です。
様々な商品がある中で、
あなたの生活スタイルに合ったものを見極めて取り組んでいってください。

無料相談受付中


・行動したいとは思っているが、実際に何をしたらいいのかわからない
・資産構築の方法をもっと知りたい
・サラリーマンというメリットを生かして資産が得られるものを見つけたい
・毎月収益が出てリスクのない、安心安全な資産構築をしていきたい
・副業・ビジネスに興味がある
・人生相談したい

もしあなたが上記のことを考えているのでしたら、 ぜひ私と一度お話してみませんか? 興味のある方は以下をチェック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です