投資の概念、お金の概念

投資の概念、お金の概念

こんにちは。
オンライン相談員、たかしょーです。

今回は、「投資」という言葉に対する考え方と
お金に対する考え方について、
お話ししていければと思います。

分かりづらい!とか、
そもそも言ってる意味が分からない!
って方がいらっしゃいましたら、
言ってください!!

反省して、しっかり改善していきます!笑

「投資」のイメージ

突然ですが、あなたは「投資」という言葉に
どのようなイメージをお持ちですか?

…恐らく、ポジティブなイメージはないんじゃないかなと思います。
かく言う僕も以前の失敗(自己紹介参照)や、見聞きしたことで
良いイメージは持っていませんでした。

ただ、これから別に「投資に良いイメージを持ちましょう」だとか、
投資の成功例なんかを話すわけではなくて、

そもそも投資という言葉の意味を理解もせずに
勝手にイメージを膨らませていても仕方がないでしょ!

ということで、投資ってそもそも何なのかという、
“投資に対する概念”について、お話しさせていただきたいと思います。

投資という言葉の意味

投資とは、
経済において将来的に資本(生産能力)を増加させるために、
現在の資本を投じる活動を指す。(Wikipediaより)

要は将来的なリターンを求めて
資産(お金)というツールを使うということです。

だいたいの人がお金の数字的な部分に囚われてしまっていて、
本来の投資という言葉の意味を
捻じ曲げてしまっているように感じます。

「そもそも、世の中の全ての物は誰かの投資によって出来ています。」

あなたが今目にしているそのモニターも
誰かが資産を投じ開発したことで生まれ、

あなたがそのものに対して払ったお金が、
投資した方のリターンです。

いつも手にしているスマホも、腕時計も、服も、靴も、
全て誰かが投資したことによって生まれたものなのです。

投資をすることで全ての物は生まれています。
お金というツールがあり、投資をすることで初めて物は生み出されていくのです。
では、なぜお金というものが生まれたのか。

お金が生まれた理由

元々お金が生まれる前、世の中は物々交換で成り立っていました。

漁師さんが野菜が食べたいなと考えたら、
魚が食べたいと考えている農家の人と交換してもらい、
お肉が食べたければ猟師さんの元へ向かいます。

しかし、互いの距離があればあるほど
生物を扱っている人は腐ってしまうリスクが伴います。
そこで、いつでも物々交換ができるようにと
腐りにくいもの(例えば、貝や金属など)を常備するようになりました。

それが形を変えて、今のお金という
誰もが価値を判断しやすいものに変わっていったのです。

つまり、ものの循環や時間の短縮など、
物々交換の効率を良くするために生まれたのです。

世の中の3原則

世の中は、以下の3つでできています。

1.人
2.もの
3.時間

です。

あくまでこの3つを回していく為に
お金という分かりやすいツールがある訳なんですが、

勘違いをしてお金を中心に考えてしまっている人は
ここが理解できていないがために使い方を間違え、損をするのです。

お金の概念

そもそもお金は皆の信用によって成り立っている
ただのツールに過ぎないということをまずは理解しましょう。

人それぞれ価値観は違います。
お肉が食べたい人もいれば、
魚が食べたい人もいます。

全ての物と交換できるもの=お金
があり、それを配ることで初めて人は働くのです。

もしお金がなかったら、世の中がここまで進化することは
なかったでしょう。

しかし、
人と、ものと、時間がなかったら、そもそもお金は必要ありません。

あなたが今もし、何も目的がなく、ただお金をため込むためだけに
働いている状況だとしたら、お金の概念というのを改めて考えてみて下さい。

 

無料相談受付中


・行動したいとは思っているが、実際に何をしたらいいのかわからない
・資産構築の方法をもっと知りたい
・サラリーマンというメリットを生かして資産が得られるものを見つけたい
・毎月収益が出てリスクのない、安心安全な資産構築をしていきたい
・副業・ビジネスに興味がある
・人生相談したい

もしあなたが上記のことを考えているのでしたら、 ぜひ私と一度お話してみませんか? 興味のある方は以下をチェック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です