お金の歴史を振り返り、自分の現状について考えよう!

こんにちは。オンライン相談員たかしょーです。

突然ですが、あなたは「お金の歴史」について考えたことはありますか?

面倒くさいと思わずに少しだけお付き合い下さい。
ほとんどの方は「お金の歴史」なんて考えたことはないと思います。

ですが、もしあなたが今よりほんの少しでもお金が欲しいのであれば、「お金の歴史」を知ることは大切です。
しかも、あなたの仕事にも活用することが出来るかもしれません。

今回は、歴史上においてお金とはどのようにして誕生したのか
お金の歴史についてお話ししていきます。

お金が生まれる前

お金が生まれる前、人は何か欲しいものがあった際はどうやって手に入れていたのでしょうか?

これは知っている方も多いかもしれませんが、お金が生まれる前は
「物々交換」で物を手に入れていました。

例えば、農家の人がお肉が食べたいと考えたとき、野菜が食べたいと思っている猟師と交渉します。
野菜が食べたい猟師に会うことが出来れば、お互いの欲しい物同士を交換することで手に入れていました。

ですがここには問題があります。その問題とは

猟師さんが常に野菜を食べたいわけじゃない

当たり前ですよね?現在と違って、健康に気を使っていたとも思えませんし・・・。

つまり、「俺は魚が食べたいんだ」という猟師さんしかいなければ、どうしてもお肉を食べたい農家の方は一旦野菜が食べたいと考えている漁師さんに野菜と魚を交換してもらいます。そしてその魚をお肉と交換してもらうわけです。

これでは生物の時間の経過による価値の低下が避けられません。(このあたりは現在と一緒ですね)

生物に限らず、物々交換が成立するには絶対条件があります。

  • 欲しい物を持っている相手を探す
  • その相手があなたの持っている物が欲しい

この両方がなければ、すぐに交換は成立しません。

そこで人々は考えました。

と、その前に・・・現在のビジネスでも物々交換という考え方は使えるという話をちょっとだけさせてください。

現在でも物々交換は可能?

現在でも物々交換は可能です。

とはいえ、八百屋さんに行って「この魚とキャベツを交換して」なんてことではありません。
ビジネスにおいては使えるということです。

僕の知り合いに、集客のコンサルタントをしている人がいるのですが、その方はコピーを書いたりといった文章は出来るのですがデザインは出来ません。
そこで、デザイナーの方に、集客のアドバイスをするかわりにデザインをお願いしています。

お互いお金は払っていません。

これも立派な物々交換ですよね?

同じ会社にいても、得意な業務がそれぞれ違えば物々交換は出来ます。

  • 事務作業は得意だけど、営業が苦手なA君
  • 営業は得意で、予算以上に取りまくるけど、日報すら書きたくないB君

お互いの欲しい物は揃っていると思いませんか?

ではそろそろ話を戻します。

物品貨幣の誕生

物々交換をする中で、何か便利な方法はないかと考えました。

そこで考えたのが、

  • 石や貝、布、穀物など、腐りにくいものを常備する
  • それらと欲しいものを交換する

これだけ便利な世の中に生きているとわかりませんが、当時は非常に画期的な発明だったことは間違いありません。
この発明によりとても便利になっていきました。

石や貝、布や穀物が選ばれたのは腐りにくいからだけではありません。
3つの条件を満たしていただからです。その3つの条件とは、

  1. 誰もが欲しがるもの
  2. 収集・分配できて、誰もが納得でき、かつ値打ちの大きさを表すことができるもの
  3. 持ち運びしやすく、保存できるもの

この3つになります。

上記のものを別名、「物品貨幣」と呼びます。

ここがいわゆる「お金」のはじまりにあたります。

金属貨幣の誕生

物品貨幣が使われるようになり、人々の生活も便利になりました。
そんな物品貨幣の中でも広く使われるようになったのが「金属」です。

金属の中でも主に「金・銀・銅」が用いられ、これらを

「金属貨幣」

と呼びました。

しかし、ここでも問題が起きます。

金属貨幣が発展していく一方で、当然ですが金や銀では採掘量に限界がありました。
みんなが金属貨幣だけを使って生活するだけの量は確保出来ないということです。

そこで、またしても考えました。

鋳造貨幣、紙幣の誕生

そこで誕生したのが「鋳造貨幣」「紙幣」です。

鋳造貨幣

銅など手に入りやすい金属で作られたお金(硬貨)

紙幣

文字通り紙で作られたお金

現在僕たちが使っているお金の誕生です。

このようにして、お金というのは時代とともに、利便性を考え進化してきました。

何か問題があると考え、そして必ずその問題を解決してきた結果、今の便利な生活が出来るようになったのです。

価値の媒体として作られたお金

「お金」とは、元々が物の価値を分かりやすくするため、交換のやり取りをスムーズにするために生まれたものだとわかりました。
そして、お金の存在価値というのは時代とともに進化していきました。

現代ではお金が中心の社会(資本主義)になっていますよね?

「資本主義」「社会主義」「共産主義」とそれぞれメリット・デメリットはあります。ですが、

「資本主義」の国で生活している以上は、自分でお金を稼ぎ、生活しなければなりません。

当然生きているうちはずっとです。

特に、年金すらもらえるかわからない40代以下の世代にとっては
「社会主義」の方が良いと考える人が増えているのも無理はありません。
将来の不安を考えたら確かにその通りかもしれません。

とはいえ日本で生活している、そして今後も生活するのであれば、

  • 自らお金を稼ぐ
  • 死ぬまで生活費を自分で確保する

ここからは逃げようがありません。

なぜお金の歴史について話そうと思ったのか

今回「お金の歴史」という少しいつもと違った話をしました。

その理由は、

お金に対して早いうちから真剣に考えた方が良いと気づいて欲しかったから

ただこれだけです。

先人たちは、自分達の生活を便利にするために「お金」という1つの価値を作りました。
僕たちは「お金」という1つの価値が当たり前の状態で生まれています。

しかし、当たり前ほど怖いものはありません。当たり前に慣れてしまうことは非常に怖いことでもあるのです。

例えば、今は働けば生活出来るだけのお金を得ることができています。

でも働けなくなったら?

本当に年金がもらえない時代になったら?

何となくそんな不安を持っている人は大勢います。
ですが、本気で考え、そして行動している人はまだ一部です。

「将来が危険です!」「未来は真っ暗です!」

なんて言いたいわけでは全くありません。
ただもう少し将来に対して真剣に考えるきっかけになれば嬉しいと思っただけです。

歳をとってからは出来ないけど、今なら出来ること。
あるいはその逆もあるかもしれません。

  • 少しでも無駄遣いをやめよう
  • 転職した方がいいかな
  • 保険を見直そうかな
  • 貯金した方がいいかな

人によって色々考えると思います。

どのように考えたとしても、将来を考えることは本当に素晴らしいことです。

そのきっかけになればと思い、違った角度から話をしてみました。

まとめ

今回は、お金の歴史についてお話しました。

大切なのは過去ではありません。

大切なのは今、そして未来です。

日々、相談を受けている中でも、これから先、不安の方が大きいと感じている方が多いです。
ですが、不安があってもどうしていいかがわからず、結局は何も考えたり行動にはうつせずにいます。

行動することは難しいです。僕も同じなのでよくわかります。

なので、まずはほんの数分で良いので、未来について真剣に考えてみて下さい。
資本主義の中で、どう将来を過ごしていくかを考えてみて下さい。

今日がそのきっかけになってくれたら本当に嬉しいです。

無料相談受付中


・行動したいとは思っているが、実際に何をしたらいいのかわからない
・資産構築の方法をもっと知りたい
・サラリーマンというメリットを生かして資産が得られるものを見つけたい
・毎月収益が出てリスクのない、安心安全な資産構築をしていきたい
・副業・ビジネスに興味がある
・人生相談したい

もしあなたが上記のことを考えているのでしたら、 ぜひ私と一度お話してみませんか? 興味のある方は以下をチェック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です